<< 紅葉 『風立ちぬ』 >>

『そして父になる』

a0021956_12464038.jpgレディースデーに鑑賞してきました。
劇場はマダムでいっぱい!

うーん、結末は予想出来たとはいえ、やっぱり最後は来ましたね。泣かされちゃいました。私は家ではともかく、映画館では恥ずかしくて絶対泣かないようにしてるんですが…。いやぁ~年を取ったんでしょうか(笑)
これまでの是枝作品同様、淡々と静かな映画なのに観客を釘付けにする手腕はさすがだなぁ。早々とハリウッドリメイクも決まったんですね。

「そして父になる」
母になる、ではなくて、父になる。
生物学上の父としてではなく、本当の意味での「父」とは。
最後まで観終えて、タイトルの意味がじんわりとしみてくる。

福山雅治演じる男がまた嫌な奴なんだわ!上から目線の物言いの。
仕事バリバリのエリートで、見た目もカッコよくて、まぁこれで絵に描いたような良い人だったら、逆にすごく嘘くさいけど。嫌な奴の設定だからこそイイ。

子供の取り違えの原因はちょっと意外で驚いた。そんなことありえるのかと。
尾野真千子と真木よう子のキャラクターは逆でもアリだったかな。
尾野真千子の肝っ玉母ちゃん、ハマりそう。

今年亡くなった夏八木勲も福山の父親役で出演。
「ゴーイング マイ ホーム」よりもこの映画の撮影が先だったのだろうか。

ところで、取り違えが題材の物語といえば、10年以上前だったか、「幸福の明日」という昼ドラを、当時けっこう熱心に見ていたのを思い出した。あのドラマでも親たちは最終的にこの映画と同じ選択をした覚えがある。あ、でもこの作品はラストはそこまで明確にしてはいないから、観客に判断を委ねている感じか?

関係ないけど、今日からスカパー10日間無料放送だ。
なにか良い映画やるかな?

公式サイト
[PR]
by pandarin_0728 | 2013-10-05 12:55 | DVD・映画鑑賞記
<< 紅葉 『風立ちぬ』 >>