<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『風立ちぬ』

a0021956_20134647.jpg

遅ればせながら劇場で鑑賞。
公開から2ヶ月近く経った平日の昼間でしたが、まだまだお客さん入ってました。

零戦を設計した実在の人物・堀越二郎の半生と、彼の婚約者との悲恋を描いた物語。
といっても、恋愛部分は堀辰雄の「風立ちぬ」を題材にしているという、なかなかユニークな作品でした。

冒頭の、幼き日の二郎が夢の中で飛行機に乗るシーンから、
何ともいえない郷愁に、早くもジーンとしてしまった。
なんだろう、久々の映画館だからかな。

これまでの宮崎アニメを全部見てきたわけじゃないけれど
今回の作品は大人向けな感じ。

二郎とその婚約者との純愛は、当時の日本人の感情表現にしては
かなり大胆というか、今見ても照れるようなベタなものなんだけど
そのくせラストはわりとあっさり描かれていたなぁ。
まぁそれはそれで良かった気もする。

作品全体にものすごくピュアな空気感が漂っていて、
二郎の優しさとか彼を取り囲む人間たちの善意が詰まっている。
それらに感動しつつも、悪意とまではいかないけれど、ただのキレイな物語ではないような…
やっぱり宮崎監督の映画なんだな~という印象も受けました。
映像はもちろん綺麗でした。
「風立ちぬ」というだけに、いろんな表情の「風」が描かれています。

エンドクレジットで「西島秀俊」の名前を発見。
二郎の大学時代の同級生で、同僚役の声を当てていたのに不覚にも気付かず!
主役の声は庵野秀明がやるって聞いて面白いと思ったけど、やっぱりイマイチですね。
声そのものは悪くないけど、あの棒読みが…。

公式サイト
[PR]
by pandarin_0728 | 2013-09-12 20:17 | DVD・映画鑑賞記