<< 『エスター』 最近読んだ本 >>

最近読んだ本(2010年8月上~中旬)

a0021956_2030112.jpg「ちょんまげぷりん」 荒木源

現在公開中の映画の原作。中村義洋監督だし観たいなーと思いつつ、今のとこ都合がつかないので原作を先に買って読んだ。おおよそ予想した通りのハートウォーミングコメディ。映画化やドラマ化にもってこいという感じの分かりやすい展開。目新しさはないけど、嫌味のない物語。先に映画の予告編を見たせいか、映画のキャスティングで脳内変換して読んでしまった。
それにしても、現代にタイムスリップした江戸時代のお侍さんのなんとかっこいいことよ。「~ござる」「拙者(せっしゃ)」なんて江戸言葉が実にたまらぬ。


a0021956_20295955.jpg「パリジャンと思って結婚したら、ただの貧乏なオタクでした。」 

アキバ系貧乏アニメーターのフランス人と結婚した日本人女性によるエッセイ。国際結婚ならではの行き違いや悩み、失敗談など、合間に漫画も交えながら面白おかしく綴られている。外国人ならではのオモシロ日本語とか思考回路とか、やっぱり独特で面白い。微笑ましく思いながら読み進めていたら、後半に向かうにつれ雲行きがあやしくなり・・・。あれよあれよと予想外の切ない結末に。


a0021956_2030033.jpg「赤ずきん」 いしいしんじ

絵本。
「きょうの猫村さん」のほしよりこによる絵が相変わらず素敵だった。「あたい、スカ生まれのスカ育ち」という「赤ずきん」の蓮っ葉な口調がたまらなく魅力的。話は正直よく分からなかったけど(笑) それでもなんか良いなぁ~と思える大人向けのおとぎ話です。

a0021956_2030118.jpg「コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品」

買ってはいけないシリーズの著者による本。学生の頃はシーチキンマヨネーズのおにぎりをよく買っていた私。最近は鮭とかわかめごはんとかあっさり系を選ぶのに、どういうわけかあの頃はシーチキンマヨネーズに凝っていた若かりし私。この本によると、どうやらシーチキンマヨネーズはNGらしい。
著者はカップラーメンなど添加物たっぷりの食品を食べると胃に違和感を感じるそうで、「たまに食べるカップラーメンは美味いんだよね~」などと感じる胃袋の持ち主(私)としては、次々ダメ出しされるお馴染みの商品に「これも?」「これも?」と思わずつぶやきながら読んだ。理屈では分かっているけど、ひとつひとつ気にしてたら食べるもの無くなっちゃうよなぁ。まぁ参考までに。


a0021956_20295936.jpg「格安ツアーのカラクリを知れば、アナタの海外旅行は10倍楽しくなる!」

旅先で日本人が巻き込まれる事故が相次いでいる。下請けとか孫請け、意外と知らなかった現地の実態。何か起きた時はやっぱり大手会社が安心だろうと、多少値段は割高でも安全を買うつもりで選ぶ。そういう消費者も多いだろうし、私もその一人だから他人事とはいえない。
この本はそういう話は扱ってはいないが、旅行会社がどのように格安ツアーで採算を取るかなどが分かりやすく説明されている。航空券単品価格に比べ、パックツアーには航空券どころか宿代も含まれてるのに何故安いのか。旅行・航空業界じゃ当たり前のネタなんだろうけど、初心者としてはなかなか参考になった。
by pandarin_0728 | 2010-08-20 20:33 | 読書
<< 『エスター』 最近読んだ本 >>