人気ブログランキング |
<< エイプリルフール 『フィッシュストーリー』 >>

『ぐるりのこと。』

a0021956_20184794.jpg「ぐるり」とは、「自分の身の周りのこと、取り巻いているもの」という意味らしい。
バブルが弾けた1993年から2003年までの10年間の夫婦の物語。

腐れ縁の2人が結婚し子供を授かるが流産してしまい、そのショックから妻は精神的に不安定になってしまう。不安を募らせる妻に、一見何にも考えてなさそうだけど実は包容力たっぷりに支える夫が素敵だった。なんでも「きちんと」しなくちゃ納得できなくて、周囲を気にしすぎてしまう妻に夫が言う。「嫌われたっていい、好きな人にいっぱい好きになってもらえばそれでいいじゃない」。このセリフには思わずジーンと来てしまったなぁ。これ以上ない愛の言葉ではないだろうか。演じるリリー・フランキーの力の抜け具合がまたちょうど良かった。「お腹すいたー」って口に出すのと同じように、自然にサラッと言ってしまうのだから。

夫が法廷画家という職業なので裁判の傍聴シーンも出てくるのだが、それが当時実際に起きた誰もが知っている事件の裁判なのも驚き。連続幼女誘拐殺人事件、地下鉄サリン事件、お受験殺人事件、小学校児童殺傷事件…。宮崎勤に扮した加瀬くん…!

夫婦の、どちらかというとこじんまりした物語に社会的な事件、しかも実際に起きた事件が登場するというのは少し違和感を感じてしまったが、試みとしてはユニークだったと思う。

公式サイト

a0021956_20161822.jpg


「ぐるりのこと。」 (08年)
監督・原作・脚本・編集=橋口亮輔 
出演=木村多江 リリー・フランキー 倍賞美津子 寺島進 柄本明 寺尾農 木村祐一
by pandarin_0728 | 2009-03-10 20:19 | DVD・映画鑑賞記
<< エイプリルフール 『フィッシュストーリー』 >>